くさがる女の人

夏場になってくると、とても暑いため、運転中エアコンをかけると思います。

そのエアコンの臭いがきつくて、ドライブ中に気分を悪くしたことはありませんか?もしくは、助手席に乗せている人が気分悪そうにしていることを見たことはありませんか?

車酔いは荒い運転だけが原因ではない。

車酔いの原因を調べてみると、子供の場合、臭いが原因で車酔いを起こすのが約9割いるそうです。

   「子どもが車に乗ってすぐに気分が悪くなったことがあるか」を聞くと、「よくある」「時々ある」「たまにある」を合わせて91.0%となった。車酔いというと、坂道や曲り道など振動が多いところの走行中を思い浮かべがちだが、乗ってすぐに気持ちが悪くなる子も少なくないようだ。

参考:「車酔い」の原因はニオイだった? 9割の子「乗ってすぐに気分が悪くなる」経験

臭いが原因で車酔いするということは、運転を丁寧にしても関係なく車酔いが起きることになります。

ドライブをして、温泉や遊園地にいったのに、車酔いをしたせいで楽しくなかったという経験をしている人も少なくないと思います。

車内の臭いの原因は?

車の臭いの原因は主に次のものが挙げられます。

雑菌の繁殖

雑菌

皮脂よごれや車内で食事をした際の食べかすが媒体になり、雑菌が繁殖します。

この雑菌の繁殖が原因で特有の臭いが生まれます。

タバコのヤニ

タバコ

車の中で、タバコを吸う人は男女問わず多いと思います。

タバコの煙は、車内を循環し、車の天井やエアコンの奥に付着します。

汗や垢

雑菌の繁殖にも関連づけられます。

夏になると汗をかいたり、半袖になるので、肌がシートなどに直接ふれます。

これによって、雑菌が繁殖しやすい環境を作ることになります。

上記の原因物質を除去せずに芳香剤を使う。

においを心地良いものにする芳香剤を使う方も多いでしょう。

原因物質とにおいが混ざり、なんとも言えないことになります。

車内のにおいをとる正しい対処方法は?

においをとるのにも正しいやり方があります。基本的に市販の臭い消しはなんの解決方法になっておらず、車屋に依頼して、年3回程度の車内清掃をすることをおすすめします。

車屋に依頼しても臭いがとれなかったことがある。

車屋に依頼してもにおいがとれなかったことを経験した方もいると思います。

もっともメジャーな消臭方法が、特殊な薬剤を車内に循環させます。薬剤で臭いの原因物質を覆うことで、消臭します。

しかし、これには欠点があります。

原因物質は車内に存在することになりますので、いずれ強力な臭いがしますし、この薬剤は車内に空気の流れがなければ効果がないからです。

においの原因物質をとるスチームリンサーとスチームクリーナーを使う。

においの原因物質は洗い流さなければなりません。

そのため、スチームリンサーという機械を使用します。

この機械は、スチームを吹きかけて、バキュームで吸い取る機械です。

問題は、これをおいてある車屋は、山形県内には非常に少ないことです。

スチームリンサー

実は、デランチにはこのスチームリンサーがあります。

このスチームリンサーを使えば、天井にこびりついたよごれを取り去ることができます。

また、エアコンの汚れには、スチームクリーナーを使います。

スーパースチームクリーナーは温度75度の熱水を噴霧し、バキュームで吸い取ります。

スチームクリーナー

シートにこびりついた汚れも取れます。この機械は2016/6/30に入荷します。

まとめ

車内の臭いを取り除くためには、原因物質を車内からはがすしかありません。

下手に自分で消臭しようとすると、逆に気持ちの悪いにおいになるかもしれません。

車の臭いで悩んでいる方はぜひデランチにご相談ください。

プロフィール

お電話はお気軽に!9:00~18:00(日曜日休み)
0235−41−9061
〒997-0857 山形県鶴岡市美咲町20番24号

電話に出ることができない場合もあります。その場合は、メールでお問い合わせください。

グーグルでマップを検索する。